出っ歯矯正 費用

出っ歯の矯正費用と一口に言っても、ひとりひとり状態が違い、治療法も期間も異なるため一概には言えません。

矯正費用は基本的に自費診療となりますが、例外的に保険適用となるケースがあります。顎変形症と唇顎口蓋裂の場合がそれにあたります。

また、出っ歯の矯正治療でかかった費用は医療費控除の適用となる場合があります。診断書を作成してもらい確定申告書に添付するとより確実です。医療費控除の詳細については歯列矯正 医療費控除のページをご覧ください。

このページではそのあたりのことや治療費用の相場について書いていきます。

保険適応される可能性のある症状

顎変形症

顎変形症とは上あご(上顎骨)または下あご(下顎骨)あるいはその両方の大きさや形、位置などの異常によって、顔面の変形と、かみ合わせの異常を起こしている状態をいいます 。

唇顎口蓋裂

唇顎口蓋裂は顔面先天奇形のひとつで、唇や口の中がわれているものをいいます。一般に兎唇(としん)、みつくちといわれているもので、発生頻度は500人に1人の割合です。

歯列矯正の治療費(成人)

全部の歯に装置をつけて矯正する場合、装置の金額だけで少なくとも70万円以上はかかります。 最初の検査代が5〜7万円、 月々の調整代で3〜5千円はかかるでしょう。

部分矯正で済ませる場合、 5本くらい動かす程度なら50〜60万程度が相場という説もあります。ただし、地域によって、また医院によって、そして患者の状態次第なところがありますのでもちろん一概にはいえません。

美観を考慮して、矯正の装置を裏側につける場合、40〜50万くらい金額が変わります。裏側設置で全体の噛み合わせを治すなら、130万以上はかかると見ておいた方がよいかもしれません。

抜歯は一本五千円程度でしょう。

歯列矯正の治療費(幼年〜青年)

矯正治療は基本的に自由診療となるため、各医院が独自に料金を設定します。そのため、医院によって費用の名目や金額におおきなばらつきがでてきます。

ちなみに国立大学付属病院は全国統一料金で、新潟大学がこれを公開していました。以下にまとめたので参考にしてみてください。

自費診療での歯科矯正治療の料金(平成18年4月より)

例1:反対咬合を気にして訪問した8歳の子どもの例。

内容 年齢 費目 料金

初診、相談及び説明

8歳

相談料

4625

検査(レントゲン・顔面・口腔内の写真、模型等)

 

T期基本検査料

50770

口腔衛生指導(歯ブラシ持参)

 

口腔内衛生指導料

3900

診断(治療方針の決定)

 

唾液検査

3000

   

診断料

30040

ここまでで合計金額が92335円になっています。

第一期(混合歯列期)の治療

反対咬合の治療例

  • 月1〜2回の来院で反対咬合が治るまで続きます。
  • その期間は、患者さんにより異なりますが1年〜1年半は必要です。
  • 良好な咬合状態を維持するため、保定をします。
  • 口腔衛生指導 (矯正装置に応じた口腔刷掃指導を歯科衛生士が行います。)

治療期間

一年から一年半

I 期基本技術料

102560

装置量
セクショナルアーチ(上下)

95370

保定装置

17255

調節料(1回につき)

5815

口腔衛生指導料

3900

経過の観察

反対咬合の改善後、永久歯列になるまで年1〜2回の観察が必要です。

保定観察料
経過観察料

3700
3020

合計224900円です。上の表と合わせると、317235円(+経過の観察にかかる費用×期間)です。すべての永久歯が生えそろった時点で、安定した良好な咬合なら、治療は終了です。

第2期 永久歯列期の治療

乱杭歯、八重歯などの治療

  • 小臼歯を4本抜歯し、その空隙を利用して並べ治すことがあります。
  • 月1〜2回の来院で2〜3年の通院が必要です。
  • 口腔衛生指導(矯正装置に応じた口腔刷掃指導を歯科衛生士が行います.)

13歳
(中1)

II期基本検査料

28,380

II期基本技術料

61,540

(I 期治療を行わなかった場合)

160,885

装置料
(マルチブラケット)

173,190

装置料
(ヘッドギア)

36,880

調節料(1回につき)

5,815

口腔衛生指導料

3,900

完成した永久歯列の維持、予後観察

  • この後、約2年間の観察が必要です。
  • その間の通院は7〜8回です。

15歳(中三)

装置料
(リテーナー上下)

76,250

保定観察料
(一回につき)

3,700

終了

17歳
(高2)

   

合計金額は550540円(+保定観察料×期間)です。