差し歯の種類

差し歯の種類にもいろいろあります。

セラミックだけあげてもメタルボンドタイプやオールセラミックまでいろいろな素材があります。奥歯ではジルコニア系のオールセラミックやメタルボンドが推奨されているようです。

アレルギーの問題、前歯の審美性を重視するなら、光を通すオールセラミックが望ましいです。

差し歯の土台はグラスファイバー系やプラチナ系のゴールドが優れているようです。
銀の土台だと、歯茎が黒くなったり、金属アレルギーが現れることがあります。最近では安全で変色しないグラスファイバーを中心に治療が行われています。

差し歯 メタルボンド

メタルボンド 差し歯

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)とは、中身が金属で、外から見える部分だけセラミック(陶器)を貼り付けた差し歯(クラウン・被せもの)です。
見た目が変色せず、強度が強いという特徴を持っているため、ほとんどの部位に使用できます。使われることの多い素材です。

中の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯茎の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることができます。

費用は一本あたり8万円〜15万円程度です。

メタルボンドのデメリットとしては、中身の金属の種類によって金属が溶け出す可能性があり、歯茎の変色、金属アレルギーが起きることがあります。また、色調はセラミッククラウンに劣り、裏側からは金属が見えます。将来的に歯茎が下がって歯と歯茎の境目に金属部分が見えてくるケースもあるようです。

差し歯 オールセラミッククラウン

出っ歯 差し歯 オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンはクラウン(冠)全体が陶器(焼き物)でできている差し歯です。

見た目がとてもよいのでよく使われますが、値段が高いことと、割れやすいのが大きな欠点です。
汚れ(プラーク)がつきにくく金属を使わないためアレルギーや歯茎の変色が起きる可能性が低いと言われています。また、歯を削る量が比較的多く、天然の歯よりも硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがあります。医師のテクニックが非常に問われる素材とも言われています。

オールセラミッククラウンは比較的新しい素材なので、5年以上の長期予後についてまだはっきりとわかっていないため、決断が難しいところもあります。

費用は一本あたり8〜15万円程度です。

差し歯 ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドの金属部分の代わりに、ジルコニアを使用した差し歯です。

メリットとしては、審美性に優れている(オールセラミックには劣る)、土台の部分が透けて見えない、割れにくくほとんどの部位に使用できる、金属を使用しないためアレルギーや歯茎の変色の心配がない、などです。

逆にデメリットは、歯を削る部分が多め、天然歯より硬いので周囲の歯や噛み合う歯を痛める可能性がある、将来的に歯茎が下がって歯と歯茎の境目が見えてくることがある、新しい素材のため長期的予後がはっきりしていない、などです。

費用は一本あたり、10〜20万円程度です。

動画はジルコニアセラミッククラウンの解説動画です。