上顎前突(出っ歯) 整形

上顎前突(出っ歯)の治療に、美容整形というアプローチを選ぶ方もいらっしゃるようです。

出っ歯の治療の場合、基本的には、抜歯をして時間をかけて歯を動かし噛み合わせの改善を図っていきますが、原因が顎の骨そのもの(骨の大きさ・形)の問題と考えられる場合は歯列矯正だけでは効果を上げられない場合があります。

そういう時、口腔外科による顎矯正手術が効果を発揮します。ただし、じゅうぶんなカウンセリング、緻密な測定と検査の結果、必要と判断された場合にのみ行われるべき手術と言われています。まずは、歯科医院にご相談されてから、じっくり判断することをおすすめします。

上顎前突 整形

上顎前突(出っ歯)整形

笑った時に歯茎が見えてしまう・・・という悩みを持った方は、この手術で上品な口元を手に入れられる可能性があります。

上顎前突の整形とは、顎骨の形成術を意味します。
まず、上顎の左右の第一小臼歯(前歯からそれぞれ4番目の歯)を抜歯します。

抜いた第一小臼歯の上部の骨を切り、削り取った部分の内側を後方に下げ、プレートで固定します。

この手術はあらゆる形態変化が可能で、後戻りがほとんどないと言われています。リアルに想像すると、とても怖い手術ですが、優れた治療法のようです。料金は150万円〜。

上下顎前突 整形

上顎前突(出っ歯)整形

下顎が出ていることを受け口(下顎前突)といいます。噛み合わせの症状は反対咬合で、長さも伴っているケースが多いです。

ただ、下顎には神経が集中しており、かなり高い技術が要求される手術になることはまちがいないため、手術の決断は慎重すぎるほど慎重になってください。技術の低い医師にいい加減な手術を施されて、咬合の異常を訴える方も少なくないそうです。

上下の顎が出ている場合、両方を後方へ引っ込めます。上述の上顎の口腔外科術を下顎にも行います。

手術は口の中から行うため、傷跡は外からはもちろん見えません。全身麻酔で眠っているあいだに終わってしまうかと思いますが、麻酔の効きには個人差があるようなので、じゅうぶんなカウンセリングを受けた上で施術を受けるようにしてください。