出っ歯 種類

出っ歯にもいくつか種類があります。ここでは大人の出っ歯に絞って話をすすめていきますが、出っ歯には3種類あるといわれています。

出っ歯の種類

出っ歯ブラケット1 出っ歯ブラケット2

一つ目は、前歯が大きく外側に反(そ)ってしまっているタイプです。これは典型的な出っ歯のタイプと言われています。

二つ目は、下のアゴの骨が小さくて下の前歯が後ろに下がってしまったため、相対的に出っ歯になってしまうものです。

この二つは、成長期の子どもの場合はアゴの骨の形や大きさを矯正治療で変えられます。大人の場合はアゴの骨の大きさが変わらないので、歯の位置関係で修正しなければなりません。ですので、下顎が小さくて出っ歯に見えてしまう人の場合は、上の前歯を内側に入れることで症状の改善をはかります。
多くの場合は、歯の本数を調節することで治療していきます。そうやって外側に反った歯を内側に向ける隙間を作るのです。治療上の必要性から、下の歯の本数を調整することもあります。

三つ目のタイプは上側の前歯が内側に傾いているケースです。このケースでは、上顎の骨じたいは大きいことがほとんどのようです。ヨーロッパ、アメリカ系の白人種にこのタイプが多く、日本人にはほとんど見られずとても珍しいケースといえます。上の歯は大きく、本人には出っ歯の自覚はそれほどない場合が多いようです。歯医者などで指摘されてはじめて気づく人がほとんどです。下顎が小さく、深く噛んだときに下の前歯が上の前歯にほとんど隠れてしまいます。 過蓋咬合 (噛み合わせが深すぎる状態)に併発して起きる症状で、稀なケースなうえ治療が非常に難しいため、指導医クラスの専門医にかかる必要があると言われています。

出っ歯の治療

どのケースもおそらく前歯を後ろに下げることを目的とした治療方針でいくことがほとんどなのではないかと思います。

歯の表面にブラケットという小さな装置を取り付け、そこにワイヤーを通してゴムを固定し、ゴムの張力をかけ続けることで歯並びを変えていきます。これは外から見えないように歯の裏側に取り付けることもあります。歯に取り付けるブラケットの位置の決定が非常に難しく、微妙な判断を要すると言われています。取り付け位置を間違えると、とんでもない方向に歯が動いていってしまうので、できるだけ経験豊富な医師を選ぶほうがベターです。上顎の歯を抜いたり、前歯そのものをインプラントなどに変えるというやり方もあります。(※画像はウィキペディアより引用)

審美線(E-line)

横から見て、鼻の頭からアゴまでを直線で結んだ線を審美線(E-ライン)といいます。出っ歯だと唇がこの審美線をはみ出てしまいます。歯の矯正治療をすることで、歯並びをよくするだけでなくこのラインもかわります。化粧のように一時的なものではなく、根本的に変えることで、本当の美しさを手に入れることができます。

日本人には出っ歯が多い?

私も出っ歯ですが、日本人には出っ歯が多いような気がします。ただ、黄色人種だけでなく白人や黒人にも出っ歯はいるので、多いかどうかは統計がないとわかりません。

ただ、戦後の日本人は甘いもの、噛まなくてもいいものを多く食べるようになったため、下顎が発達せずに結果として出っ歯が増えたという説もあります。米を主食として生きてきた民族なので、麦や雑穀を主食にする民族に比べて遺伝的に下アゴが小さくなったという人もいます。

またA型(私もA型ですが)は下顎が小さめで、O型は大きめということも聞きます。日本人にはA型が多いですから、そういわれるとそんな気がしなくもないですね。